Open Group

Y-MAC 合宿型若者自立プログラム よこはまアプレンティスシップセンター

Y-MAC」はK2インターナショナルが取り組む「ニートや引きこもりの若者に対する就労支援対策事業」の名称です。
Y-MAC = Yokohama Modern Apprenticeship Center(Apprenticeship=徒弟、見習いの身分、その期間)

「Y-MAC」では現代版徒弟制度の概念の下、入塾した若者が共同生活を通じて生活改善を図りながら、見習い・研修期間を経てそれぞれに適した場へ就職していけるように、さまざまなプログラムが組まれています。

Learning by doing

運営方針

アプレンティスシップ=徒弟制度 堅苦しく感じる言葉かもしれませんが、見習いという立場から働く事をはじめることで、人とのつながり、働く事の楽しさを発見し、継続した就労をしていく基礎を作っていきたいと思います。
「実社会に即した具体的な就労・自立支援」を第一に考えます。頭の中で理想を追っているだけでは前に進みません。あくまで、実際に役に立つ具体的な支援を念頭に、補い合え、助け合える仲間とのコミュニティ作りをめざしています。
卒業生も長くゆるやかに、OB、OG、スタッフ、家族と支えあって生きていける環境を提供していきます。

特徴

生活の場 Life「Y-MAC」の最大の強みは「生活の場」「働く場」「必要とされる場」という具体的な「3つの場」があることです。働く場 It works

必要とされる場 Necessity

生活の場 横浜の根岸駅近辺に、研修中はもちろん卒塾して就職してからも住むことのできる便利な立地と設備の「生活の場」を持っています。 立地 寮、研修所はJR京浜東北根岸線の根岸駅から徒歩5~10分。根岸⇔横浜は12分、品川38分、渋谷50分。都心への通勤圏にありながら、のどかさも併せ持つ、魅力的な立地です。 寮 2人1部屋のアパート形式。各部屋に風呂、トイレ、キッチンがあり冷蔵庫、洗濯機、ベッド、を備えています。食事は平日は3食、研修所で皆一緒にとります。 ステップハウス 卒塾後も寮で生活できる「ステップハウス制度」があり、就職後のフォローアップも受けられます。1人部屋も完備。Y-MACのそばにスタッフや仲間と部屋を借り、そこから職場に通う人もいます。
働く場 「働く場」として、多くの企業と連携、協力関係があり、卒塾生の正社員登用の実績もあります。また、自営の就労研修場所を持っています。5つの自営飲食店舗は、「卒業生が実際に働き、給与を得ている場」です。さまざまな一般企業(事務系、技術系とも)に研修受け入れ、正社員登用の実績があり、入社後のフォローアップもおこなっています。飲食店、Y-MAC事務所、ボランティア組織など、自営の就労研修場所を持っています。スタッフが一緒に働きながらていねいに指導をしていきます。 直営の研修場所を設けている理由 理由1 塾生によっては、外部企業での研修を始める前に、ゆっくり時間をかけて体力やマナーを身につけていく必要があるから。専任の指導スタッフの下、徐々に外で通用する力をつけていきます。 理由2 外部企業に頼らず、私たち自身で「雇用を創出」していきたいから。店舗スタッフの約8割は卒業生で国内5店、オーストラリアに4店など、自営店舗もふえてきています。
必要とされる場 Y-MACの母体、K2インターナショナルジャパンの活動には、さまざまな子どもたち、地域の人が集まり、塾生の力を必要としています。日々の生活、多様な行事、イベントの手伝いをすることで、塾生の力が具体的に生きていきます。
ページのトップへ