Open Group

Staff Story02 湘南・横浜若者サポートステーション統括責任者 NPO法人ヒューマンフェローシップ代表理事 岩本真実

責任部署の事業・活動について。若者の力を地域の課題解決につなげる
湘南・横浜若者サポートステーション統括責任者
NPO法人ヒューマンフェローシップ代表理事

若者支援の働く場づくり、行政との連携した事業展開等についてなど主に行っています。
特に若者の力を地域の課題解決につなげるような事業展開に感心があります。
休耕地になっていた畑を若者達の力で耕し、都市型の循環農業モデルができたり、商店街の空き店舗を使って若者の働く場をつくったりと、若者が支援される側ではなく、地域の力になるような活動をする事によって、持続可能な若者支援が実現できると思っています。
NPO法人ヒューマンフェローシップは2007年にスタートした法人で、K2の中では福祉的な就労支援事業を主に行っています。

特に最近はメンタルや発達の課題を持つ若者に対して医療や福祉と連携したきめ細かいケアをしており、必要も多くなっています。
K2で働くきっかけ。NZでのボランティアスタッフがきっかけです。
OL時代(何年前かは秘密です。)に会社の先輩がお好み焼きころんぶすの常連だった事がきっかけでK2を知り、ボランティアスタッフとしてNZからフィジーまでのアドベンチャークルーズに参加しました。
ボランティアを経て、日本でもスタッフとして働き、海外現地スタッフとなり、10年近くの海外生活を体験しました。
その間にニュージーランドやオーストラリアでお好み焼き店やブックショップの立ち上げなど楽しくも貴重な体験をたくさんさせてもらいました。そして、、、いつの間にか、気がつけば、あれから〇〇年。
仕事で大事にしていることや、思い。大事にしている事は楽しいかどうかです。仕事は楽しくないと続きませんよね。
どんなご職業ですか?と聞かれるとなかなか答えづらい仕事で、仕事というよりも「生活」のような感じです。
若者を支援しているというよりも、お互いできる事をしているような感覚です。
そして、これだけ長い間続いているのは単純に「楽しい」からだと思います。 1年1年本当にいろんなことをしています。めまぐるしくもありますが、飽きることがありません。
来年は何をするのだろう・・・という思いで?働いています。笑
今悩んでいる方へ。K2が何か動き出す手がかりになるかも。
せっかくこのページをみて頂けたのだから、何か動き出すきっかけになればいいなぁと思います。 「若者支援」に対する負のイメージを変えたいなあと思いながらこのホームページを作っています。 「暗い・ダサい・つまらない」かどうか・・・ ぜひ一度見に来てください。 案外「おいしい・おもろい・ためになる」 かもしれません。
profile
岩本 真実 1971年1月生まれ
1994年ボランティアとして参加。ニュージーランドからフィジーまでのコロンブス大航海に参加後、横浜でのボランティアを経て社員として働くようになる。
前職は証券会社勤務
1996年から2006年まで海外現地スタッフ(NZ,AUS)共同生活、働く場づくり
お好み焼き店やブックショップの立ち上げなどに携わる。
2006年~ 厚生労働省委託事業若者自立塾Y-MAC統括責任者
2009年~ 湘南・横浜若者サポートステーション統括責任者
2013年~ NPO法人ヒューマンフェローシップ代表理事

ソーシャルビジネスプランコンペティションSTYLE2004優秀賞受
日経ウーマンオブザイヤー2008受賞
人間力大賞2010受賞
社会保障国民会議(2008年~2009年)所得確保・保障分科会委員
横浜市こども若者支援協議会委員(2010年~)
藤沢市こども問題協議会委員(2011年~)
子ども・若者の生活困窮支援のあり方に関する研究委員会委員(2012年)
ページのトップへ